第172回例会のご案内

T.I.M.E.研究会 Society of Time & Information Management for Excellence

「それぞれにとっての“素晴らしい人生のために”」
どのように時間と情報を管理したらよいかを研究する会

 2018.7.7 T.I.M.E.研究会幹事会

関東地方は6月末には梅雨も明けて、暦の上では7月を迎え、早くも一年の半分が過ぎ去りました。それぞれにとって、いよいよ猛暑の夏との闘いの季節が到来しました。会員皆様にとって、今年が心豊かに過ごせる日々になることを願っております。

T.I.M.E.研究会は偶数月に開催されている例会、毎月開催の幹事会の二つの集まりを「縦糸」としますと、「横糸」として「国内外のアウトドアー研修会」、「話の花籠」で広く参加を呼びかける各種の「分科会」活動によって面の広がりによる会員同士のユニークな関係性を大切にしてきた結果が、30年間の継続に大きく貢献してきたと思います。
T.I.M.E.研究会は今度の8月の例会を以って30周年記念を迎え、「修活」の時機としてすべての活動の幕を閉じます。この数年の例会は、個人の後半人生で言う「QOL(Quality Of Life=人生の質)」に置き換えて、参加したひとり一人にとって充実した集まりを行ってきたとも言えると思います。

いよいよ最後の例会となりました。「30周年記念誌」に寄稿していただいた内容の話題を中心にして、会員の皆さんそれぞれが30年間の研究会の歩みの中で過ごされてきた想い出の出来事などを振り返り、これからの人生にも思いを馳せて、参加の皆さんと自由に語り合いたいと思います。
話題の中では、想い出に残る「例会」を始め、「アウトドアー研修会」、「分科会」などにも焦点を当てて、おしゃべりをしたいと思います。そして、それぞれが活動を通しての人間同士の「関係性」が一人ひとりの価値観にどのように影響してきたかも考えたいと思います。「例会」、「アウトドアー研修会」、「分科会」に参加していない方にとっても、「話題から“醸し出される”ひとり一人の発言」により、「気づき」や「触発される」コトがきっとある筈です。
T.I.M.E.研究会の活動の全ての考え方の原点は、上段に掲げた「それぞれにとっての“素晴らしい人生のために”!」を基調テーマしていますので、これからの人生の「豊かさ」につながるヒントが得られる筈です。

「30周年記念誌(暫定版)」はウェブサイト上には、会員限定で公開されています。お時間のある方はぜひ、ご覧になって参加されるのも良いかもしれません。お誘い合わせの上ご参加下さい。

☆日時:2018年8月4日(土) 午後1時から5時まで

☆場所:北区滝野川会館403集会室
いつもの401集会室ではありません
TEL 03-3910-1651
JR上中里駅下車徒歩7分、地下鉄南北線西ヶ原駅下車徒歩7分
都バス西ヶ原一丁目停留所下車徒歩1分
案内図はこちら

☆会費:総会・例会1,000円 懇親会1,000円(学生はいずれも半額です)

☆例会:13:15~13:30(15分)「修活」以降のお知らせ、参加者の近況報告など
第一部13:30~14:50(20分) 30周年記念誌」の構成と概要の紹介
第二部14:50~15:00(120分)「記念誌に投稿された方の「ひと言、ふた言、み言」と参加者同士の意見交換
特に、T.I.M.E.研究会のそれぞれの活動を振り返って、仲間の皆さんに「伝えたい」こと
(途中休憩を入れます)

☆懇親会:16:00~17:00 

【お申し込み、ご連絡先】
T.I.M.E.研究会事務局 岩崎昭男、締め切りは7月28日(土曜日)です。
TEL&FAX:042-943-6569(留守電メッセージ可)/メール:bzh17640@nifty.com
※T.I.M.E.研究会ウェブページ 「お問い合わせ」からも申し込みできます。

 

第171回例会の写真と一口感想

第171回T.I.M.E.研究会例会参加の皆様へ

2018.6.17

関東地域も既に梅雨の季節に入り、約ひと月以上のじめじめとうっとうしい天気が続くことになります。昨年夏のような猛暑の連続も、健康維持には影響がでますので、梅雨の期間は明るい気持で過ごしたいものです。

T.I.M.E.研究会はいよいよ本年の夏に30周年を迎え、その節目である次回8月の例会を「修活」の時機とし、T.I.M.E.研究会の活動を終えます。
また、今までも節目の時機には必ず「記念誌」を発行してきましたが、今回の「30周年記念誌」の発行のために、会員の皆様から原稿募集を行なってきましたが、12名の皆様からの提出がありました。ありがとうございます。
2月の総会では研究会としての「修活」のけじめをつける上での提案を幹事会から2件し、承認いただきました。内容の詳細については、「情豊通心」あるいは「ウェブサイト」をご覧ください。
また、総会では「30周年記念誌(暫定版)」の公開を行ない、同時に会員宛に限定で「情豊通心」あるいは「ウェブサイト」でお知らせいたしました。
現在、「30周年記念誌(正式版)」を「修活」後に発行するため、7月末日までの締め切りで寄稿原稿を募集しておりますので、是非お寄せ下さい。

T.I.M.E.研究会の目的は、名付け親であるドーニーさんの「T.I.M.E.研究会」の英文のフルスペルに現れています。「Society of Time & Information Management for Excellence」、最後の「Excellence」は、「Excellent Life」のことで「(それぞれにとっての)“素晴らしい人生のため”」の意味です。
年間テーマは決めずに、「(それぞれにとっての)“素晴らしい人生のために”」の目的にそった例会の活動を続けてきました。

去る6月2日(土)に第171回の例会が開催されました。
例会では、2部構成で、第1部:「30周年記念誌」の構成と概要の紹介、第2部:「記念誌に投稿された方の「ひと言、ふた言、み言」と参加者同士の意見交換を行ないました。

続きを読む

第171回例会のご案内

T.I.M.E.研究会 Society of Time & Information Management for Excellence

「それぞれにとっての“素晴らしい人生のために”」
どのように時間と情報を管理したらよいかを研究する会

 2018.5.5 T.I.M.E.研究会幹事会

5月を迎え、一年の中で最も新緑が美しい季節が到来しました。
会員皆様にとって、今年が心豊かに過ごせる日々になることを願っております。

T.I.M.E.研究会は偶数月に開催されている例会、毎月開催の幹事会の二つの集まりを「縦糸」としますと、「横糸」として「国内外のアウトドアー研修会」、「話の花籠」で広く参加を呼びかける各種の「分科会」活動によって面の広がりによる会員同士のユニークな関係性を大切にしてきた結果が、長年の継続に大きく貢献してきたと思います。
T.I.M.E.研究会は本年8月の例会を以って30周年を迎え、「修活」の時機として活動の幕を閉じます。残りの2回の例会をT.I.M.E.研究会の「QOL(Quality Of Life=人生の質)」の期間と捉えて、充実した集まりにしていきたいと思います。

残る2回の例会では、「30周年記念誌」に投稿していただいた内容の話題を中心にして、会員の皆さんそれぞれが30年間の研究会の歩みの中で過ごされてきた想い出の出来事などを振り返り、これからの人生にも思いを馳せて、参加の皆さんと自由に語り合いたいと思います。
話題の中では、想い出に残る「例会」を始め、「アウトドアー研修会」、「分科会」などにも焦点を当てて、おしゃべりをしたいと思います。そして、それぞれが活動を通しての人間同士の「関係性」が一人ひとりの価値観にどのように影響してきたかも考えたいと思います。「例会」、「アウトドアー研修会」、「分科会」に参加していない方にとっても、「話題から“醸し出される”ひとり一人の発言」により、「気づき」や「触発される」コトがきっとある筈です。
T.I.M.E.研究会の活動の全ての考え方の原点は、上段に掲げた「それぞれにとっての“素晴らしい人生のために”!」を基調テーマにしていますので、これからの人生の「豊かさ」につながるヒントが得られると思います。

第171回の例会のご案内です。
「30周年記念誌(暫定版)」はウェブサイト上には、会員限定で公開されてい.ます。お時間のある方はぜひ、
ご覧になって参加されるのも良いかもしれません。お誘い合わせの上ご参加下さい。

☆日時:2018年6月2日(土) 午後1時から5時まで

☆場所:北区滝野川会館401集会室

TEL 03-3910-1651
JR上中里駅下車徒歩7分、地下鉄南北線西ヶ原駅下車徒歩7分
都バス西ヶ原一丁目停留所下車徒歩1分
案内図はこちら

☆会費:総会・例会1,000円 懇親会1,000円(学生はいずれも半額です)

☆例会:13:15~13:30(15分)「修活」以降のお知らせ、参加者の近況報告など
第一部13:30~14:50(20分) 30周年記念誌」の構成と概要の紹介
第二部14:50~15:00(120分)「記念誌に投稿された方の「ひと言、ふた言、み言」と参加者同士の意見交換(途中休憩を入れます)

☆懇親会:16:00~17:00 

【お申し込み、ご連絡先】
T.I.M.E.研究会事務局 岩崎昭男、締め切りは5月26日(土曜日)です。
TEL&FAX:042-943-6569(留守電メッセージ可)/メール:bzh17640@nifty.com
※T.I.M.E.研究会ウェブページ 「お問い合わせ」からも申し込みできます。

 

第170回例会の写真と一口感想

第170回T.I.M.E.研究会例会参加の皆様へ

2018.4.22

今年の桜の満開の時機は、例年に比べて約1週間速く、3月末には終わってしまった場所も多かったようです。いよいよ新緑の時機の到来となり、野外に出掛けて健康で豊かな日々を過ごしましょう。

T.I.M.E.研究会はいよいよ本年の夏に30周年を迎え、その節目の8月の例会を「修活」の時機とし、T.I.M.E.研究会の活動を終えます。
また、今までも節目の時機には必ず「記念誌」を発行してきましたが、今回の「30周年記念誌」の発行のために、会員の皆様から原稿募集を行なってきましたが、12名の皆様からの提出がありました。ありがとうございます。
2月の総会では研究会としての「修活」のけじめをつける上での提案を幹事会から2件し、承認いただきました。内容の詳細については、「情豊通心」あるいは「ウェブサイト」をご覧ください。また、総会では「30周年記念誌(暫定版)」の公開を行ない、同時に会員宛に限定で「情豊通心」あるいは「ウェブサイト」でお知らせいたしました。

T.I.M.E.研究会の目的は、名付け親であるドーニーさんの「T.I.M.E.研究会」の英文のフルスペルに現れています。「Society of Time & Information Management for Excellence」、最後の「Excellence」は、「Excellent Life」のことで「(それぞれにとっての)“素晴らしい人生のため”」の意味です。
年間テーマは決めずに、「(それぞれにとっての)“素晴らしい人生のために”」の目的にそった例会の活動を続けていきます。どうぞ、お時間を創って、例会にお出掛け下さい。

去る4月7日(土)に総会と第170回の例会が開催されました。
例会では、2部構成で、第1部:「30周年記念誌」の構成と概要の紹介、第2部:「記念誌に投稿された方の「ひと言、ふた言、み言」と参加者同士の意見交換を行ないました。

続きを読む

修活以降について

T.I.M.E.研究会は、8月4日の創立30周年記念の例会を最後に今までの活動を終えることになりますが、ウエブサイトの継続と集まりの場(タイムサロン)を設けることになりましたのでお知らせいたします。

1.ウェブサイト継続基金について

主旨:T.I.M.E.研究会のウェブサイトは、会員は勿論、社会(一部制限はある)に対しても過去からの活動実績の記録を広く公開してきています。
30周年の節目を修活時機として、2018年の8月例会(8月4日)を以って、全ての活動を終えることになります。
しかし、ウェブサイトに関しては会員からの強い継続の要望もあることから、ウェブサイトの年間維持費を会員の有志からの寄付を募りウェブサイト「継続基金」として、基金が尽きるまで公開をしていくことを幹事会で決定いたしました。主旨をご理解の上、是非ご協力をお願いいたします。

寄付金額:一口¥1,000で、口数は何口でも構いません。
維持費用:年間費用:¥5,142(サーバー費用)+¥1,852(ドメイン費用)=¥6,994≒¥7,000
サーバー契約先:さくらインターネット株式会社
実施期間:2018年2月3日(土)の総会日翌日以降、修活時期の8月4日(土)までの、約6ヶ月間

振込先:T.I.M.E.研究会、ゆうちょ銀行普通口座宛、通帳は事務局長の岩崎が保管

ゆうちょ銀行から振り込みの場合
口座番号:普通預金  記号 10300 番号 42785301
口座名義:タイムケンキュウカイ

ゆうちょ銀行以外の金融機関から振り込む場合は以下のようになります。
店 名:〇三八(読み ゼロサンハチ)
店 番:038
口座番号:普通預金 4278530
口座名義:タイムケンキュウカイ

その他
①振り込まれる際は、事務局長の岩崎へメールでご連絡ください。メールアドレス:bzh17640@nifty.com
②最終残金の扱い、入金の状態などの会計の報告は、「情豊通心」でお知らせいたします。
③不明な事柄は、岩崎、または二村にメールでご連絡ください。

2.修活以降の集まりの場:「タイムサロン」について

主旨:幹事会メンバー、あるいは数人の会員からは修活で全ての活動を終えた以降も、会員同士が気軽に集まれる場の設置を希望したいと言う意見が出されていた。幹事会でも30年間継続してきたT.I.M.E.研究会の活動精神からも、誰にも負担が掛からない具体案として、現在毎月1回開催している、幹事会の場を全面的に衣替えするのがもっとも相応しいとの結論に達しました。

サロン開催日:毎月第一水曜日、午前10時から12時まで、定刻開催、定刻終了 (会場の「レストランけやき」は毎週月曜日が定休日)
サロン開催会場:北区滝野川会館、地下1階、レストランけやきのテーブル席
参加・不参加連絡:一切不要、会場にも連絡不要
会費:参加者は、当日飲食した自分の分を退席時に支払う。例えば、コーヒー2杯とランチで、千円以内
配布資料など:当日参加者に話題としたい配布資料がある場合は、滝野川会館受付で実費¥10/枚でコピーをして配布してもらった本人が実費を支払う。
その他
①会計報告は一切、行なわない。
②会則も作らない。
③テーマは特に設定しない。