第154回例会の写真と一口感想

第154T.I.M.E.研究会例会参加の皆様へ

2015.6.23

梅雨に入り、不順な天気が続いていますが、この時期は雨に濡れた色とりどりの紫陽花の花を眺めますと雨もまた、自然の風情に趣を加えている手段でもあるように感じます。梅雨が明けると、また猛暑の夏の訪れとなります。熱中症に注意して、この夏を乗り切ることに致しましょう。

T.I.M.E.研究会は、一昨年の8月に25周年を迎えました。今年は27年目の活動の年となり、3年後には、30周年を迎え、その節目の年を以って、T.I.M.E.研究会の活動は一つの区切りの時期を迎えます。区切りの仕方についても幹事会の中で検討を進めております。ウェブサイトのリニューアルも2月に総会で紹介され、実施されております。
登録会員全員に対して、棚卸の往復はがきをお送りして返信をいただきました。ありがとうございます。7月の幹事会で返信の結果を受けて、棚卸を実施する予定です。
1年を終える12月の例会では、節目の30周年に向けての話し合いも計画しております。是非、皆さんもご参加下さい。

T.I.M.E.研究会の目的は、名付け親であるドーニーさんの「T.I.M.E.研究会」の英文のフルスペルに現れています。「Society of Time & Information Management for Excellence」、最後の「Excellence」は、「Excellent Life」のことで「(それぞれにとっての)“素晴らしい人生のため”」の意味です。
年間テーマは決めずに、「(それぞれにとっての)“素晴らしい人生のために”」の目的にそった例会の活動を続けていきます。どうぞ、お時間を創って、例会にお出掛け下さい。

去る6月6日(土)に第154回の例会が開催されました。
例会では、参加の皆様の近況報告をまず話していただきました。
引き続き、会員の加地立史さんから「定年を迎える自分を見つめる」をテーマに、ご自分の人生を冷静に棚卸を行ない、実に多様な人生体験をプロジェクターによってエネルギッシュに語っていただきました。内容は、T.I.M.E.研究会の基調テーマ「それぞれにとって、素晴らしい人生のために!」の、具体事例と言える内容でした。
引き続き、懇親会は様々な話題で盛り上がりました。

例会の写真と一口感想はこちら会員専用)にあります。

P6062110s

 

 

 

 

 

 

今回の参加者は、加地さん、二村さん、星さん、柏原さん、山六さん、細野さん、佐野さんのいつもの皆さんでした。

今後も、「一口感想」は、例会終了後1週間以内を目標(最長2週間)に、事務局までメールあるいはFAXでお送り頂ければと思います。毎回、参加された皆さんへは、スナップ写真と一緒に同封して3週間目のはじめに郵送でお手許に届くように心掛けております。なお、近日中にウェブページに会員限定として、「一口感想」とスナップ写真が公開されますのでそちらもご覧下さい。

毎回お願いしておりますが、メールアドレスをお持ちの方は「一口感想」に限らず、「近況報告」、「何でも一言」など、「メルマガ」用の原稿としてWeb運営局長の二村幹事宛てに、是非気軽にメールをお寄せ下さい。T.I.M.E.研究会のWebページは、常に最新の会員活動はじめ、読みでのある内容で更新されております。「25年間の記録年表」も内容が追加・更新してウェブページに公開されております。過去のTIME研究会についてお知りになりたいことがありましたら事務局にお問い合わせ下さい。

 

「メルマガ」担当二村幹事のメールアドレス:nimura@time21c.org

T.I.M.E/研究会ウェブページ:http://www.time21c.org/
T.I.M.E.研究会ブログページ:http://www.time21c.org/wp/
T.I.M.E.研究会「話の花籠」ブログページ:http://www.time21c.org/wp2/

T.I.M.E.研究会事務局長 岩崎 昭男
〒359-0041 所沢市中新井5-14-16
TEL&FAX:04-2943-6569 E-mail:bzh17640@nifty.com

カテゴリー: 例会の写真と一口感想 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です